忍者ブログ

必勝!株・FX

ファイブボーガン&ビッグキャノン・ストラテジー

「自動売買とは何か?」をご理解いただいた上で、
「自動売買のメリット」についてをご案内します。

この「メリット」こそが、
私、佐々木が「裁量トレード」などではなく、
「自動売買」を選択したのかの理由になるのですが、
これを「8つ」に絞って解説します。

この「8つ」のポイントを知れば、
「裁量トレード」はおろか、
「他の投資」や「他のビジネス」に取り組むことすら、
馬鹿らしく思えるでしょう。

>>>ファイブボーガン&ビッグキャノン・ストラテジー



?トレードが完全自動

これが最も大きなメリットです。

最初に設定だけしてしまえば、
プログラムが完全自動でトレードをしてくれるのですから、
あなたは、仕事をしようが、趣味を楽しもうが、
旅行に行こうが、遊ぼうが、寝ようが、何をようが、
どうぞお好きなようになさって結構です。

?手間と時間がかからない

トレードを自動売買に任せてしまうので、
チャートに張り付くことも、
たまにチャートを確認することすらも
いっさいがっさい必要ありません。

相場が動く「平日」にこそ、
日中は忙しい方が多い「平日」にこそ、
手間と時間から開放されるのが自動売買です。

>>>ファイブボーガン&ビッグキャノン・ストラテジー


? スキル・経験が不要

裁量トレードだと、スキルや経験や天性の才能、
また、身につけるまでの学習や訓練が必要となりますが、
自動売買は、プログラムがトレードしてくれますので、
未経験者でも公平に稼ぐことが可能です。

プロのトレーダーでも初心者でも、
使う自動売買ソフトが同じであれば結果は同じなのです。

? トレードチャンスを逃さない

プログラムが「24時間」、相場を監視してくれるので、
例えば仕事中に絶好のトレードチャンスを
逃してしまうようなことはありません。

あなたはチャートに張り付くことはありませんが、
あなたの代わりにプログラムが24時間体制で、
チャートに張り付き、チャンスをうかがってくれるのです。

>>>ファイブボーガン&ビッグキャノン・ストラテジー


? ルールに忠実である

裁量トレードの最大の敵のひとつが「メンタル」です。

どんなに厳格に守るべきルールがあったとしても、
相場を目の前にすると、メンタル(感情)の動きにより、
裁量だとルールを守れず、大きな損失を被ることがあります。

しかし自動売買は、感情の動きを完全に無視して、
ルールどおりに機械的にエントリー・決済をしてくれます。

これは多くの人が気づいていない、
自動売買の最大のメリットのひとつと言えるでしょう。

? 複数のトレードロジック(手法)を持てる

裁量トレーダーにありがちな話なのですが、
仮にひとつの裁量手法(ロジック)しか持っていない場合は、
その手法が相場に通用している間は良いものの、
相場つきが変わり、通用しなくなってしまえば、
あっと言う間に収益をあげられなくなってしまいます。

しかし、自動売買はソフトの数だけロジックが存在します。

つまり自動売買で複数のロジックを動かしていれば、
あらゆる相場から利益をあげることが期待できる
ということと同義なのです。

>>>ファイブボーガン&ビッグキャノン・ストラテジー


? 小資金からスタートできる

これは自動売買だからというよりも、
レバレッジの効く「FX」だからこそになりますが、
リスクをきちんと見極めた上であっても
5万円から開始することができるのは大きなメリットでしょう。

最初は少額からスタートし、
運用の実績が上がってくるのと並行して、
資金を増やしていくというのが優れた投資の常套手段です。

? リスクが限定されている

非常に忘れがちなメリットなのですが、
株式や先物、オプションと違って、
多くのFX業者では追証が発生しないので、
自己資金以上のリスクを追うことは考えられません。

つまり、自己資金以上にマイナスにならないということなので、
リスクが限定されているだけではなく、
この考え方を上手に利用したトレードもできるようになるのです。


以上が8つの「自動売買のメリット」でした。

>>>ファイブボーガン&ビッグキャノン・ストラテジー



世の中には様々な投資方法が存在しますが、
「FX」ほど多くの凡人にとってハードルが低く、
そして、その「FX」の中でも「自動売買」ほど、
初心者や勝てない人に優しい仕組みはないと私は断言します。

ではいよいよこれより、
「巨人」とも言うべき私の2人の教え子が開発した、
「自動売買ソフト」をご案内していきます。

2つの自動売買ソフトはそれぞれ、
「松さん」が開発した『ファイブボーガン・ストラテジー』
「平山さん」が開発した『ビッグキャノン・ストラテジー』
と命名されています。

この「自動売買ソフト名」にも深い意味があります。

そのソフト名に込められた意味もひもときつつ、
2人の魂がこもったそれぞれの自動売買ソフトを、
これより丁寧に解説していきます。


>>>ファイブボーガン&ビッグキャノン・ストラテジー




拍手[0回]

PR

資産0から12億円の資産を築く!不動産投資入門DVD完全版





●あなたは、こんな悩みをお持ちではないですか?
?「給料が目減りしてきた」
?「会社での居場所がなくなってきた」
?「いつリストラになるか不安」
?「このままで定年になったら、最悪の老後だ・・・」
?「もっと自由になりたい」
このように将来への不安から、不動産投資に興味を持たれた方も多いでしょう。
でも実は、これらの悩みはすべて、不動産投資を始める前の私が持っていた悩みでした。

こんな質問もよく受けます。
?「貯金が一切ないのに投資ができるのか」
?「年収が低いから無理じゃないの?」
?「そもそも、不動産投資って、何をしたらいいのかわからない」

あなたは、ひょっとして、不動産投資は難しそうだと思っていませんか?
でも、基本さえ覚えれば誰でもできます。
将来に不安をお持ちの方で、不動産投資に興味のあるお父さんのために、このDVDでは初心者でも不動産投資を始められるノウハウをお伝えします。




不動産投資を始める前の私は、将来への不安から、FX、株、転売、アフィリエイトなど、副業でできそうなものには一通りチャレンジしました。でも、どれもうまくいきませんでした。
そんなときに、あるきっかけで不動産投資の世界に飛び込みました。
不動産投資と、他の投資との大きな違いは、素人が相手だということです。
FXや株の投資は、プロ中のプロが競争相手です。
しかし不動産投資家のほとんどは、親から遺産を受け継いで大家をやっている、おじいさんおばあさんがほとんどです。
素人とは言わないまでも、アパートマンション経営に関しては、たいした研究もせずに片手間でやっている人ばかり。そんな業界は、そうそうありません。
2020年には不動産投資も厳しくなると言われています。今が最後のチャンスかもしれません。


●貯金もないし、年収も500万円で投資ができるの?
29歳で年収520万円の塾生が、5800万円の物件を購入しました。しかも、融資銀行はSMBCです。
彼はこれを足がかりにして、30代半ばには、年間数千万のキャッシュフローを築くでしょう。「年収が基準未満だ」「貯金が一切ない」と、あきらめている人にも、資産を築く方法があります。
DVDで、まずは一歩踏み出してください。


>>>資産0から12億円の資産を築く!不動産投資入門DVD完全版






拍手[0回]


フリーダムインベスタースクール

フリーダムインベスタースクール
あなたがFX利益を出すために、
徹底的なサポートをしていきます。
基本的には
まずはコンテンツサイトを見て、
手法をしっかり覚えていただきます。
更には、メールサポートを使って
スキルを磨いていきます。
■スクールの内容

サポート期間は6ヶ月で回数は無制限です。
ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから
案内PDFをダウンロードしてください。
コンテンツサイトにて、257分の動画mailサポートを提供します。
サポートに関しては、投資助言に抵触しない程度でのサポートになります。


>>>フリーダムインベスタースクール






拍手[0回]


空売り塾



空売り塾


なぜ、株で負けるのか?
結論から言います、個人投資家が株で勝てない理由は、
大きく分けて以下の3つです。

「株の知識」を勉強してしまう

「情報」に頼ったトレードをしてしまう

負けないためのに「ノウハウ」を知らない

ではひとつひとつ説明していきましょう。

1.「株の知識」を勉強してしまう

どれだけ「株のお勉強」をしても、儲けには繋がりません。
こんなことを言うと怒られそうですが、事実です。

これは、車の運転に似ています。

どれだけ車やエンジンの構造を勉強しても、
それだけで車を運転できるようになるわけでは無いですよね。

そんなシンプルなことは誰にでもわかりますが、
これが「株」となると、専門用語も多いし、
難しい世界の気がしてしまいます。

その結果、「株のお勉強」を始めてしまうのです。

もちろん、これも不要なものではありませんが、
ただ車の構造を知ったからと言って、
上手に車が運転できるようにはなりませんよね。

車以上に、経済はさまざまな要因が複雑にからみあっています。

ですから、どれだけ「経済の仕組み」を理解したところで、
それを現実の売買に役立てることは不可能に近いのです。


2.「情報」に頼ったトレードをしてしまう


一般的な株式投資の常識として

「情報を集め」

「それを分析して」

「売買する」

というものがあります。

そのために、多くの方が経済新聞や雑誌、アナリストの レポートを読み、四季報を読み、必死にテクニカル分析を勉強します。

しかし現実のケースでは、「ある会社の業績が上がりそうだ」
という情報は、機関投資家であれば
ほぼリアルタイムに、即座に手に入れることが出来ます。

そのため、株価が上がる前の「本当の底値」で買うことが可能です。

というよりも、自分で底値をつくるのです。

しかし、そういった情報が、アナリストのレポートや新聞記者の調査を得て、記事となり、印刷され、配送されるころには、すでに機を逃がしています。

機関投資家と、機関投資家の動きに気づいたプロ個人投資家の買いによって、すでに株価が上がった後なのです。

そして素人・初心者は、一番高値で株を買うことになってしまいます。



3.負けないためのに「ノウハウ」を知らない

それは、「負けない技術」です。

一般の個人投資家は、一回一回のトレードの勝ち負けに
こだわりますが、プロの個人投資家は、
最終的な利益にこだわります。

実は、プロの個人投資家は、3勝7敗もしくは、4勝6敗のなかで、
手堅く利益を確定しています。



つまり、適切なロスカットポイントで損きりを行って、
トータルで利益を堅実に重ねていきます。

ところが、初心者の方にこの話をすると

「えぇ!7割も負けるんですか!
9割~8割は勝つものだと思ってました!」

と言われます。

この考え方をしている限り、個人投資家が利益を出し続けることは出来ません。しかし非常に多くの初心者が、こう考えて、投資を始めてしまうのです。

はっきりいって推測が甘すぎます。

どうしても学校では100点をとる事、
正解する事が正しいと教えられてきているので、
日本人は全部勝つことが正しいという固定観念があります。

しかし、トレードの世界は当然ですが100%当てる事は不可能です。
100%勝てるノウハウがあれば、相場は崩壊してしまいます。

ですので、損失を抑え利益を伸ばすにはスキルが必要です。

プロの個人投資家は、そのスキルを日々磨いています。
とはいえ、そのスキルは何も特殊な能力を
必要としている訳ではありません。

それを知っているか知らないかの世界です。


始めてすぐに儲かったという人の話というのは、良く聞きますよね。

問題は、負けたとき、つまり損失が出てしまったときに、
それを最小で防ぐのが、非常に難しいのです。

負けたときに、「もう少し待ってみよう」といってズルズルと負け続け、
最終的に勝ちの利益も吹き飛んでしまうような、
大きな損失を出します。

これが、殆どの人の典型的の負けパターンです。



実際に、書店に並ぶ書籍を見てみてください。
多くの書籍が、儲け方についてはノウハウを公開していますが、損失を防ぐノウハウはあまり書いていません。

これは、その見極めに独特のスキルが必要なのと、投資家のメンタルが影響を与える部分が大きいからです。

このノウハウについては、実際のトレードを通じて、
ケースbyケースの実践でしか学ぶことが出来ないのです。

そこで私は空売りという手法を推奨しています。

それも、私の空売り手法は原理原則に基づいた手法を使います。

とりわけ株価が世界的に長期にわたり低迷している今、現物株を保有することはリスク以外のなにものでもありません。

相場全体が弱気になっていますので、
ネガティブな情報に過敏に反応しやすいです。



>>>空売り塾













拍手[0回]


【余裕資金別IPO株投資マニュアル】





【余裕資金別IPO株投資マニュアル】
IPOとはInitial Public Offeringの略で、
?
未上場企業が新規に株式を証券取引所に上場し、
?
投資家に株式を取得させることをいいます。


この新規公開株を証券会社を通して、上場前に申し込むことができます。

新規公開株は値上がりする確率が非常に高く、たくさんの人たちが応募をします。

なので、新規公開株にはなかなか当選はいたしません。
?

しかし、当選すれば労せずリターンが見込めるので、

銀行にお金を預けているぐらいならIPO株に申し込んだ方が財テクになります。
?

20万円の余裕資金があれば始められるIPO株投資ということで、

マニュアルを作成しました。

1.絶対に開設すべき証券会社。

2.すべてのIPO株が儲かるわけでなはない。リストを持って選別。
?


ご不明な点、お問い合わせはメールにて無期限無制限でご対応いたします。
?
※投資助言に該当する質問にはお答えできませんのでご了承ください



>>>【余裕資金別IPO株投資マニュアル】









拍手[0回]